二神大輝のブログ

考えたこと、本の紹介・感想、旅行記、哲学脳の整理、趣味の写真など。飾らず、人間くさくいこう

「多様性」と「共感」ついて言葉にできないモヤ感

WEEKLY OCHIAIの"多様性をアップデートせよ"の回を見て、衝撃が走った。

 

「共感してもらえる前提」という言葉。

 

無意識に、自分の言葉は誰かに共感してもらえる、理解してもらえる、賛同してもらえるという前提で話をしている。

 

 

 

f:id:daiki_futagami:20180915183039j:plain

 

 

 

 

 

多様性とは、「異なる群が存在すること」だ。

 

人類の存続という大きな枠を考えても、様々な種・思想があって、それが時代の中で淘汰を繰り返し、「今」がある。

 

「意味」を求めるこの時代、僕らの目的は存続なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

求められる「共感」には目を向けたい。する/しないは別として。

 

が、こと自分において「共感」を目的にしない。と決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

マルチカルチャーであるバンクーバーで感じた心地よさ。

 

色んな文化が混在する街、人と人との関わりは深くて浅い。

 

うまく言葉にできないのだけど、良い意味で「うちはうち、よそはよそ」だった。

 

 

 

 

 

 

 

無意識に、共感できるコト・モノばかりと自分の脳を繋げてしまう。

 

そうやって、自分でない自分が出来上がる。

 

正解なんてないのだから、「自分はこう」というポジションをとる。たとえそれが他人に共感されなくても良い。知を練って、ポジションを決める。そして、いつだって解体・再構築して良い。

 

 

 

 

 

 

二面性、裏表という言葉もあるが、そもそも一次元的にヒトは測れない。ヒトとは「球」だ。

 

これは、平野啓一郎さんの言う「分人」という考え方に結びついて、ビビッときたなあ。

 

自分の好きな分人の比率を高める生き方が自由であって、そんな多様性を認められる人が増えたら幸福だ。